株式会社Payment Technology(東京都⽂京区、代表取締役社⻑ 上野 亨 以下、「Payment Technology」という)は、株式会社シーラ(東京都渋谷区 代表取締役 湯藤善行 以下「シーラ」)と業務提携をいたしました。また、シーラの親会社である株式会社シーラホールディングスはPayment Technologyと資本提携し、株式の一部を取得いたしました。

シーラは、Payment Technologyの早期入金サービス「ハヤメル」を利用した賃貸物件の退去時精算を始め、不動産業に付随する様々な支払い・精算事務の円滑化を目的としたオペレーションの開発に取り組んでまいります。

■資本・業務提携の背景
賃貸管理の現場において、退去時の費用精算は金額の確定・請求が賃借人の退去後となるため、退去費用が発生した場合に未回収となるリスクが高く、また入金管理の人的コストも発生しておりました。
Payment Technologyの早期入金サービス「ハヤメル」を用いて、退去の立会時に予め退去費用を決済することで、退去費用の未回収リスクを軽減し、また賃借人にとっても退去費用の支払い方法を多様化させるメリットを提供できるようになりました。

■本提携についてのコメント
株式会社シーラホールディングス 取締役会長兼CEO 杉本 宏之 氏
Payment Technology社のビジネスモデルは、不動産業界の構造から見ても多くの会社にとってソリューションになると考えています。勿論、業界だけでなく全ての資金繰りに悩む経営者や個人を救うソリューションになる事業だとも考えております。
資金調達という共通項で僕達の不動産クラファン事業にも相通じる部分を多々感じており、微力ながら応援をさせて頂く決意を致しました。

株式会社Payment Technology 代表取締役 上野 亨 氏
Payment Technologyは「Paymentにイノベーションを起こし、世界を変える」というビジョンの下、企業の支払いに関する多くのサービスを展開し、不動産業界をはじめとしたあらゆる業界の支払いを自由にしたいと考えております。
弊社の取り組みは、シーラグループの発展に貢献できるものと確信しております。

■シーラについて
投資用マンションの開発・販売・管理・仲介を行っております。変わり続けるニーズに応える⽴地選定と建築デザイン、⻑期的に安定した収益を⽣む「真に価値あるコンパクトマンション」をワン・ストップ・サービスでご提供しています。
また利回りによる収益と地域創生や社会貢献体験の両立で、ユーザーの体験価値(UX)を高め、不動産プロジェクトの出展者と投資家をマッチングさせる応援型不動産クラウドファンディング「利回りくん」を運営しております。
シーラは住まいを通じた資産形成のベスト・パートナーを⽬指します。