2024/02/28
IPOは通過点

【2024年2月】IPO銘柄のご紹介②

2024年2月20日までの東京証券取引所(プライム、スタンダード、グロース市場)において上場承認となったIPO銘柄は「株式会社STG」、「イシン株式会社」、「株式会社LisB」、「株式会社ソラコム」、「株式会社ハッチ・ワーク」、「コロンビア・ワークス株式会社」の6社となっております。詳しく見ていきましょう。

 

株式会社STG


 

<コード>        5858 
<市場>               グロース(※)
<所在地>            大阪府
<主幹事>         みずほ
<監査法>            EY新日本
<承認日>             2/20
<仮条件決定日>    3/4
<BB期間>            3/5~3/11
<価格決定日>     3/12
<上場日>     3/21
(※)同社株式はTOKYO PRO MARKETに上場しておりますが、2024年3月20日付でTOKYO PRO MARKETを上場廃止となる予定です。

 

【公募・売出株式数】


・公募 150,000株
・売出 160,500株
・O A  46,000株

【想定発行価格】


 1,870円

【調達金額】


 280百万円

【上場時時価総額】


 1,848百万円

【事業内容】


・マグネシウム及びアルミニウムダイカスト製品の製造・販売

以下は、目論見書抜粋内容となります。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、軽量化金属部品の製造加工事業を行っております。実用金属で最も軽いマグネシウムを中心とした製造加工を得意とし、金型の設計・製造、金属部品の鋳造、機械加工、ショットブラスト、仕上げ、化成処理、塗装、組立までを行う事業を展開しております。また、2021年3月にアルミニウム成型品の製造販売を行うSTX PRECISION (JB) SDN. BHD.(マレーシア)を買収し、2023年3月期においてはアルミニウムダイカスト48%、マグネシウムダイカスト43%の売上比率となっております。

アルミニウムダイカストについては、STX PRECISION (JB) SDN. BHD.を中心に、品質を維持しつつ、軽量化とコストダウンを図ることを目的としたグローバル企業に製品を供給しています。

マグネシウムダイカストについては、特に、電気自動車やハイブリッド車など、燃費効率を上げるために徹底した軽量化を追求する自動車業界での需要が強く、さらに当社がこれまで培った「精密成型」技術力をもとに様々な製品への活用が見られています。このような背景のなか、生産の軸足をより生産規模の大きい自動車部品中心にし、グローバル展開を一層進めてまいります。

(株式会社STG「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」事業の内容より抜粋)

 

イシン株式会社


 

<コード>        143A 
<市場>               グロース
<所在地>            東京都
<主幹事>         みずほ
<監査法>            PwC Japan
<承認日>             2/20
<仮条件決定日>    3/5
<BB期間>            3/6~3/12
<価格決定日>     3/13
<上場日>     3/25

 

【公募・売出株式数】


・公募 240,000株
・売出 250,000株
・O  A 73,500株

【想定発行価格】


 1,080円

【調達金額】


 259百万円

【上場時時価総額】


 1,987百万円

【事業内容】


・企業の自治体向けマーケティング支援事業、日系大手企業のグローバルオープンイノベーション支援事業、成長企業のブランディング及び採用支援事業

以下は、目論見書抜粋内容となります。

当社グループは、当社(イシン株式会社)、子会社3社(Ishin USA, Inc.、Ishin Global Fund ⅠLimited及び Ishin Global Fund ⅠL.P.)、関連会社1社(GMOベンチャー通信スタートアップ支援株式会社)により構成されており、公民共創事業、グローバルイノベーション事業、メディアPR事業の3つの事業を主な事業として展開しております。いずれの事業においてもメディアを起点に新たな市場へ参入し、顧客の課題を解決するソリューション及びプラットフォームを立ち上げてまいりました。

サービス区分ごとの定義は以下の通りです。
・メディア:当社メディアに広告掲載することで収益を得るサービス。
・プラットフォーム:主な収益はシステム利用料が中心で、同サービス上で顧客とステークホルダーの双方向性のあるサービス。
・ソリューション:上記2区分には含まれない、顧客ニーズに合わせたカスタマイズ性の高いサービス。

なお、Ishin Global Fund ⅠL.P.は東南アジアやインドのベンチャーキャピタルファンドに投資する投資事業組合であり、Ishin Global Fund ⅠLimitedはその運営管理を行っております。当該ファンドは主に東南アジア・インドのファンドへの投資活動及びベンチャー投資家へ海外スタートアップの情報提供を行うなど、当社グループが展開する各事業との連携や相乗効果を目的として運営しているものであり、各セグメントには配分しておりません。
当社グループの事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。また、以下に示す区分は、セグメントと同一の内容であります。

(イシン株式会社「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」事業の内容より抜粋)

 

株式会社L is B


 

<コード>        145A
<市場>               グロース
<所在地>            東京都
<主幹事>         野村
<監査法>            仰星
<承認日>             2/20
<仮条件決定日>    3/7
<BB期間>            3/8~3/13
<価格決定日>     3/14
<上場日>     3/26

 

【公募・売出株式数】


・公募 800,000株
・売出 654,500株
・O  A 218,100株

【想定発行価格】


 920円

【調達金額】


 736百万円

【上場時時価総額】


 4,558百万円

【事業内容】


・フィードワーカー向けビジネスチャット「direct」を中心とした現場DXサービス の開発・提供

以下は、目論見書抜粋内容となります。

当社は、「アイデアとテクノロジーで人々を笑顔にする!」をミッションに掲げ、「ココロ踊るチャレンジと心からの感謝にあふれる会社であり続ける」をビジョンとしております。また、役職員向けの行動指針(バリュー)として、「顧客志向」「チャレンジ」「スピード」「チームワーク」「尊重・信頼」「プロフェッショナル」の6つを定義し、徹底した顧客志向のもと、業務課題を深く理解し、課題解決を実現するためにデジタルサービスの開発・提供をしております。
社名である「L is B(エルイズビー)」は、働く人々の人生の彩り・潤いになるサービスを提供したいという想いから、Life is Beautifulの頭文字を由来としています。
当社の事業内容は以下の通りであります。なお、当社はDXソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。

(株式会社LisB「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」事業の内容より抜粋)

 

株式会社ソラコム


 

<コード>        147A
<市場>               グロース
<所在地>            東京都
<主幹事>         みずほ・大和
<監査法>            あずさ
<承認日>             2/20
<仮条件決定日>    3/6
<BB期間>            3/7~3/13
<価格決定日>     3/14
<上場日>     3/26

 

【公募・売出株式数】


・公募 4,733,800株
・売出 6,071,500株
売出株式6,071,500株のうちの一部は、引受人の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売されることがあります。
最終的な内訳は、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格等決定日に決定されます。海外販売株数は本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る株式の合計株数の半数未満とし ます。なお、引受 人の買取引受による売出しに係る売出株数については、今後変更される可能性があります。
・O  A 1,620,700株

【想定発行価格】


 845円(※)
※想定仮条件(820円~870円)の平均価格

【調達金額】


 4,000百万円

【上場時時価総額】


 36,521百万円

【事業内容】


・IoTプラットフォーム「SORACOM」の開発・提供

以下は、目論見書抜粋内容となります。

当社グループは、当社、連結子会社である米国のSORACOM GLOBAL, INC.及び英国のSORACOM CORPORATION, LTD.の計3社で構成されており、IoTプラットフォーム事業(単一セグメント)を展開しております。
また、本書提出日現在、当社グループはKDDI株式会社の連結子会社であり、KDDIグループのビジネスセグメントの中でも「ネクストコア事業」(顧客企業の多様な働き方、ビジネス変革、事業成長を支援するソリューション提供事業)を担う子会社として位置付けられております。」

(株式会社ソラコム「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」事業の内容より抜粋)

 

株式会社ハッチ・ワーク


 

<コード>        148A
<市場>               グロース
<所在地>            東京都
<主幹事>         SMBC日興
<監査法>            みおぎ
<承認日>             2/20
<仮条件決定日>    3/7
<BB期間>            3/8~3/14
<価格決定日>     3/15
<上場日>     3/26

 

【公募・売出株式数】


・募集株式    110,000株
  自己株式処分 51,900株
  合計      161,900株
・売出 141,400株
・O  A 45,400株

【想定発行価格】


 1,680円

【調達金額】


 271百万円

【上場時時価総額】


 3,054百万円

【事業内容】


・月極駐車場検索ポータルサイト「アットパーキング」、月極駐車場オンライン管理支援サービス「アットパーキングクラウド」の提供並びに貸し会議室サービス「アットビジネスセンター」の運営

以下は、目論見書抜粋内容となります。

当社は報告セグメントを月極イノベーション事業及びビルディングイノベーション事業としております。
月極イノベーション事業には、「APソリューションサービス」及び「APクラウドサービス」が属しております。「APソリューションサービス」では、月極駐車場検索ポータルサイト「アットパーキング」及び当サイトに掲載された月極駐車場のマッチングサービスの提供、駐車場の一括借り上げにより自社運営し、集客と利用者へ転貸する月極駐車場サブリースといったサービスを提供しております。「APクラウドサービス」では、月極駐車場オンライン管理支援サービスである「アットパーキングクラウド」を展開し、管理会社からはシステム利用料、月極駐車場利用者からは初回保証料・月額保証料(毎月の保証料)・決済手数料等を収受するサービスを提供しております。

(株式会社ハッチ・ワーク「新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書」事業の内容より抜粋)

 

コロンビア・ワークス株式会社


 

<コード>        146A
<市場>               スタンダード
<所在地>            東京都
<主幹事>         野村
<監査法>            双葉
<承認日>             2/20
<仮条件決定日>    3/6
<BB期間>            3/8~3/14
<価格決定日>     3/15
<上場日>     3/27

 

【公募・売出株式数】


・公募 833,400株

・売出 80,100株

・O  A 137,000株

【想定発行価格】


 3,110円

【調達金額】


 2,591百万円

【上場時時価総額】


 10,366百万円

【事業内容】


・不動産開発事業を単一セグメントとする不動産開発、不動産賃貸管理、ホテル運営

以下は、目論見書抜粋内容となります。

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と連結子会社3社から構成されており、不動産開発サービスを主な事業の内容とし、それに付随する後述の不動産賃貸管理サービス、ホテル運営サービス、アセットマネジメントサービスの事業活動を行っております。
当社グループでは、「人が輝く舞台を世界につくる」という企業理念のもと、人々の想像する街を具現化し、住む人や訪れる人が多彩な感性で体験することで、創造性を活性化させ、培っていくような場づくりを使命として、街との調和を考慮した集合住宅の開発や、土地の新たな価値を生み出す開発を行っております。

(コロンビア・ワークス株式会社「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」事業の内容より抜粋)

 

引用元・参考文献URL
https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

 

執筆者S.A

Popular posts